カマグラの注意事項

カマグラの注意事項

カマグラを使用できない人

血圧に影響するカマグラは使用できない人もいます。心血管系の病気がある人、重い肝臓疾患を患っている人、網膜色素変性症の人、脳梗塞・脳出血・心筋梗塞の既往歴がある人はED治療薬を使用することで病気が悪化したり命の危険が及ぶ危険性があります。
カマグラの注意事項

カマグラの併用禁忌薬

カマグラの併用禁忌薬には狭心症や心筋梗塞など心臓病の薬や不整脈の薬があります。PDE5阻害剤との相互作用で急激な血圧低下につながる高圧作用やQTc作用による不整脈の発症、症候性低血圧によるリスクなど命の危険もあるため服用前に注意が必要です。
カマグラの注意事項

カマグラの服用に注意がいる人

カマグラには併用注意薬を使っていなくても使用に注意しなければいけない人がいます。65歳以上の人は肝臓の働きが弱って薬の排出が正常にできなくなることがあるため注意が必要です。また女性や子供にED治療薬の適応はありませんので使用はできません。
カマグラの注意事項

カマグラの併用注意薬

カマグラの飲む際は事前に併用注意薬を確認しましょう。まずED治療薬は違う種類のものを同時に飲んではいけません。また血圧を急激に下げる危険のある塩酸アミオダロン製剤、アイトロール錠やニトロールスプレーなど血管拡張剤なども同時併用できません。
カマグラの注意事項

カマグラの注意事項

カマグラはEDを改善するための医薬品ですので、服用の際にはいくつか注意事項があります。まず効果と同時に現れる副作用を覚えておきましょう。さらに過剰投与にならないよう適切な用法用量を知り、自分の健康状態や既往歴を確認することが大切です。
カマグラの注意事項

カマグラの副作用を軽減する方法

カマグラの副作用を抑える方法はいくつかあります。軽い症状であれば頭痛薬や胃腸薬などの薬で抑えられますし摂取量を少なくしたり服用するED治療薬の種類を変えることも有効です。ED改善の負担を減らすため、副作用を適切に抑える方法を知りましょう。
カマグラの注意事項

注意するカマグラの副作用

カマグラには少ない割合ですが重い副作用も報告されています。心血管系の病気を患っている場合は心筋梗塞や高血圧などを引き起こす危険があり、他にも青視症という視覚異常、薬効が4時間以上続く持続性勃起症など気を付けなければいけない症状があります。
カマグラの注意事項

カマグラの副作用

カマグラの副作用は先発薬バイアグラと同じく軽い頭痛やほてり、潮紅などがあげられますが、これは有効成分シルデナフィルの血管拡張作用により起こる症状です。ほとんどの場合は軽いもので時間経過で解消されますが、頭痛薬や鎮痛剤を飲んでも抑えられます。