カマグラを選ぶべき理由

カマグラを選ぶべき理由

カマグラはバイアグラのジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品は最近病院でもよく聞くようになりましたが、詳しく知らない方は不安になってしまうこともあるかもしれません。
しかしジェネリック医薬品を知らないことで、実は知らずに損をしている可能性もあるのです。

ジェネリック医薬品は先発品と呼ばれる新薬として先に販売されていた薬が、特許期間の満了後に先発品と同等の有効成分や用法、用量で製薬されたものです。
そのため基本的な効果は先発品と変わりません。変えることができるのは、味や飲みやすさ、色や形状などの項目になります。先発品が出来てからその特許満了期間までは長い時間があり、その間多くの技術が生み出されます。

そのため特許が切れると、他社は先発品よりさらに飲みやすいものを作ろうとするのです。
ED治療薬では先発品がバイアグラで、ジェネリック医薬品がカマグラになります。
よってカマグラはバイアグラの有効成分や用法、用量は同等ですが、より飲みやすい工夫を行い製薬されています。

具体的な違いとして、飲みやすいように水に溶かすことを可能にする、ゼリータイプで味をつけることで飲むことに抵抗が少なくするなど、先発品であるバイアグラよりED治療を行う方に寄り添った薬がカマグラなのです。

 

カマグラが安く買える理由

ジェネリック医薬品は一般的に先発品より低価格で販売されることが多いです。

なぜ低価格であるのか、その理由は薬の開発期間にあります。
新しく薬を開発するためには、多くの手間と人件費が必要です。
取り組む期間も長く、開発に10年や20年と長い期間をかける薬剤もあります。

そのようにして出来た薬は、会社が特許を所有することで20年から25年程度独占して製薬、販売が出来るようになります。
これらの費用が考慮されるため、先発品の価格は比較的高めに設定されます。

しかし特許期間が切れた後は他の会社も製薬、研究することが可能です。
また、既に基礎となる薬は出来ているので、その薬の基礎を保ちつついかに改良するかということに焦点が当てられます。

基礎の製薬がすでに終わっているために、製薬期間も先発品の約半分の5年程度と短い場合がほとんどです。

製薬期間が少ないと、製薬にかかるコストを大幅に抑えることが可能になります。

バイアグラとカマグラでもその金額の差は大きく、先発薬であるバイアグラは1錠1,500円程度、それに比べカマグラは700円程度と半額以下の価格で販売されています。
継続して服薬するのであれば価格が低いほうがもちろん負担も少なくなるためジェネリック医薬品が考慮されることが多いのです。

 

カマグラの効果はバイアグラと同じ

ジェネリック医薬品であるカマグラは、先発品であるバイアグラと同等の有効成分を持っています。
先発品の特許満了後、ジェネリック医薬品を販売するためには先発品と同等の効果を証明するために様々な試験を受けます。

日本の試験を例にあげると、品質を確保しているかどうかの規格試験、長期保存をしても問題ないかという安定性試験、実際にヒトに投与する生物学的同等性試験などの試験が実施されます。
その基準は国により変わりますが、厳しい試験を経てジェネリック医薬品は承認され、販売されるのです。

よって、ジェネリック医薬品であるカマグラと先発薬であるバイアグラが同等な効果を持っていることは、ジェネリック医薬品の基礎とも言えます。
その基礎があって初めていろいろな服薬方法等の改良を可能にし、服用する方にとってさらに飲みやすい工夫をする事が出来るのです。

主に変えてもよい部分は、味の改良、錠剤の小型化、服用後に素早く溶けるようにする、薬の形状加工など、様々な点があげられます。
薬の特許が切れるまでは10年や20年の長い期間を要するため、医療の分野ではその間の技術進歩により大きく変わります。

そのためジェネリック医薬品の方がより服用する方に寄り添った作りであることも多く、カマグラも様々な種類でED治療薬を身近なものをしています。

 

コメント