バイアグラの偽物に注意すること

バイアグラの偽物に注意すること バイアグラとは

ED治療薬にはジェネリック医薬品も多くあります。
以前はバイアグラを利用する人が圧倒的に多かったですが、今は使用目的や価格などで選べるほど多種多様なED治療薬が販売されているため、目的に応じて色々なメーカーの薬を使い分けても良いでしょう。

その反面、中には偽造品と呼ばれる本来の効果を得られない粗悪品が含まれていることもありますので、個人輸入代行を考えている人は特に気をつけなければいけません。

特にバイアグラは偽造品が多く、安さに惹かれて購入したら偽物だった、という悪い報告も多く寄せられてきました。

国内処方でバイアグラを入手

日本国内で承認されていない医薬品でも個人輸入を利用して入手することは可能です。
ED治療薬やAGA(男性型脱毛症)治療薬を購入したいと思った時、海外医薬品やジェネリック医薬品を利用する人も少なくありません。

その理由は、EDやAGAが保険適用ではない自由治療になるためです。

個人輸入をすると言っても自分で手続きをするのが大変だと思う人は個人輸入代行を利用できますが気をつけなければいけない点もあります。

日本ではバイアグラは有効成分のシルデナフィル含有量が25mgと50mgと定められています。
ですが海外で作られているものにはシルデナフィル含有量が100mgのものがあります。

つまり個人輸入代行を利用すれば、100mgのバイアグラを購入することも簡単にできます。
海外のバイアグラのジェネリック医薬品は、日本の医薬品よりも安く購入できるので個人輸入代行を使う人が増えてきています。

日本ではバイアグラのジェネリック医薬品を購入する場合、シルデナフィル50mgで1,000円前後です。
海外のバイアグラのジェネリック医薬品の場合1錠が100円前後で購入できるものもあります。

日本で病院やクリニックに通ってからED治療薬を出してもらう場合には、処方箋を発行してもらって薬局から購入することになります。
個人輸入代行を利用すれば、病院やクリニックに行って診察を受けなくて済むのがメリットと言えるでしょう。

海外通販でバイアグラを入手

個人輸入は自分自身が使用する場合に限って認められています。
それを個人で行うことが難しい時に利用するのが、個人輸入代行です。
便利で安く簡単である反面、全く危険性がないとも言いきれません。

医薬品を個人で輸入しても大丈夫なのと心配する人もいるかもしれませんが、個人目的で輸入量を守りさえすれば違法ではありません。

海外の医薬品を購入するのですから、手続きや注意点も英語が使われています。
そのため、個人輸入代行を利用する人は年々増えています。
日本国内で売っていない薬が欲しくなった時は、個人輸入代行サイトから薬を購入しましょう。

なお個人輸入代行業者もたくさん存在しますので、その業者のことや代行内容をしっかりと確認したうえで利用することが大事です。

個人輸入代行を利用するときにはの下記の点を十分に注意しましょう。

  • 商品の購入に関しては全て自己責任
  • 医療事故などが起こった場合も自己責任
  • 価格が変動する可能性がある
  • 注文から手元に届くまでに時間がかかる
  • パッケージや添付文書は英語で書かれている

まず、厚労省から販売許可を受けている個人輸入代行業者を利用しましょう。
業者を確認したい時は厚労省のホームページを参考にしてください。

海外製の薬を利用して事故や体調に異変が起こっても、海外メーカーに責任を求めることはできません。
また、業者を選ぶ時には、営業内容を併せて確認しましょう。

個人輸入代行の場合は為替により価格が変動する事も珍しくありません。
かつ、注文してから取引が完了しても、商品が手元に届くまでに1週間から2週間程度かかると思って下さい。

薬の効果などを書き記している添付文書は、全部英語で書かれているため、こちらも注意が必要です。
個人輸入代行業者のサイトで日本語での商品説明があることを確認してから商品を選びましょう。

以上の注意点をしっかりとおさえておけば、ほとんどの場合安心です。


コメント