カマグラ発泡錠

カマグラ発泡錠 カマグラと同じ効果の薬

インドのアジャンタファーマ社が開発したED(勃起不全)治療薬の一つとして、カマグラ発泡錠というものがあります。
今回は、このカマグラ発泡錠をご紹介します。

カマグラ発泡錠の特徴

この薬は、カマグラやカマグラチュアブルと同じく、バイアグラのジェネリック医薬品として開発されました。

服用方法に特徴があり大きいタブレット菓子のような形をしていますが、水に溶いて服用するものとなっています。
少量の水の中に入れると、炭酸ガスが発生して、短時間で錠剤が溶解します。
オレンジ系の風味で、ジュース感覚で飲むことができるように工夫されており、固形物を飲み込むことが苦手な方にもおススメです。
錠剤タイプに比べ体内への吸収が早いことも、嬉しい特徴の一つです。

カマグラ発泡錠の主成分はシルデナフィルクエン酸というもので、これはバイアグラに使われているシルデナフィルと同じものとなっています。

勃起をするためには、cGMPという物質が欠かせません。
cGMPは天然の血管拡張剤であり、この物質があることで、陰茎に血液が集まり「勃起」することができます。
しかし、EDの方はcGMPを分解してしまうPDE5という酵素が、過剰に増えた状態となってしまっています。
シルデナフィルは、このPDE5の働きを阻害し、cGMPの作用により勃起できるよう助けてくれるのです。
ED治療薬が「PDE5阻害薬」と呼ばれることがあるのは、この働きによるものです。

シルデナフィルのED治療薬としての身上は、ガツンとした効き目にあります。
他の原材料(タダラフィルなど)を使った治療薬に比べ、力強い勃起をもたらしてくれるのです。

勿論カマグラ発泡錠でも、シルデナフィルの力強さを感じ取ることができます。
その効き目は元祖バイアグラとも引けを取らず、ジェネリック医薬品ながらも不動の人気を誇る商品となっています。

カマグラ発泡錠の服用方法

飲み方としては、水に溶いた上で1日1回、性行為の1時間前に服用します。
この際のポイントとして、「空腹状態で飲む」「過度の飲酒を避ける」を守るようにしてください。
薬の効果を存分に引き出すためには、有効成分を速やかに体内へ浸透させることが重要です。
満腹状態での服用は有効成分の吸収を妨げてしまいますし、過度の飲酒は薬の効果を減退させてしまう可能性があるからです。

カマグラ発泡錠の効果持続時間は、約5時間となっています。
デート時などに使用する場合は時間を逆算し、服用してから5時間以内に性行為を行うようにしましょう。

カマグラ発泡錠に含まれるシルデナフィルは、国際基準で100mgとなっています。
100mgでは日本人には効果が強すぎる可能性があるため、国内では症状・体格により25mg~50mgの幅で処方されています。
薬の過剰摂取は副作用の原因にもなるため、初めてED治療薬を服用する方や、効き目が強すぎると思った方は、薬を分割するなどして、服用量を調節しましょう。
自分の適量が分からない場合は、少量から始める方が安全です。

カマグラ発泡錠の副作用

比較的多く起こる副作用として、頭痛やほてり、めまいや動機、頻脈、視覚異常などが挙げられます。
めまいや視覚異常の症状が出た場合、車の運転や機械の操作は控えるようにしてください。
副作用の症状は通常軽いもので、時間の経過とともに解消していきます。
しかし、副作用が強く出てしまった場合、先に述べた方法で薬の量を調節するようにしましょう。
自身の体に合う量を見つけることが、満足のいく効果に繋がります。

服用してから急に視力が低下した、勃起状態が4時間以上継続しているなどの症状が起こった場合は、速やかに医師に相談しましょう。
視力の急変には視神経症のリスクがあります。
勃起状態の異常な継続には、非常に稀ではありますが、勃起持続症の可能性が考えられます。
勃起持続症は海外で報告されており、最悪の場合、男性機能が失われることもあります。

ED以外の疾患をお持ちの方や、持病をお持ちの方は、服用の前にかかりつけ医に相談しましょう。
また上記の副作用例以外でも、服用してから不愉快な症状が出た場合、服用を中断の上、医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

コメント