カマグラチュアブル

カマグラチュアブル カマグラと同じ効果の薬

カマグラはインドのアジャンタファーマ社が開発した、バイアグラ系ED(勃起不全)治療薬のジェネリック医薬品です。
カマグラにはゼリータイプなどいくつかの種類があり、その中の一つがカマグラチュアブルです。
今回は、このカマグラチュアブルをご紹介します。

カマグラチュアブルの特徴

カマグラチュアブルは、口腔内で噛み溶かして服用するもので、OD(口腔内崩壊)錠やトローチと非常に似ていますが、それらと比べ溶けにくいものとなっています。

バイアグラ系の薬ですので、主成分にはシルデナフィルを用いています。
勃起するには自然の血管拡張剤であるcGMPが必要ですが、EDを患う方は、この物質を破壊するPDE5が過剰に放出されている状態となっています。
シルデナフィルの役割はPDE5を阻害し、陰茎内の血流を改善することにあります。
この効果によって、性交に必要な陰茎の硬度や勃起の持続を得ることができるのです。

EDにも種類があり、ストレスなどが引き金になる「心因性ED」や、動脈硬化などの血管・神経の障害によって引き起こされる「器質性ED」などがあります。
カマグラチュアブルは、そのいずれのED型にも効果を認められています。

シルデナフィルを代表とするPDE5阻害薬には、他にパルデナフィルやタダラフィルなどがあります。
シルデナフィルはPDE5阻害薬の中でも、特に鋭い効き目を有し、力強い勃起を促すことができます。
また、勃起の持続力も大幅に高まる為、男性の自信回復につながるとともに、満足度の高い性生活を送ることができるようになるのです。

カマグラチュアブルは食べるタイプの薬であるため、フルーツ風味の味付けになっています。
一箱に「パイナップル」「バナナ」「イチゴ」「オレンジ」の四種類がセットで入っており、飽きにくいのも嬉しい工夫です。
見た目も可愛らしいパッケージで、パッと見ただけではED治療薬と思えないようなものになっています。

カマグラチュアブルは即効性が高く、持続時間が他のカマグラ系統の薬の中では長いことが特徴です。
また、水無しで飲める利便性の高さも魅力の一つとなっています。

カマグラチュアブルの服用方法

服用方法としては、1日一回、性行為の1時間前に服用します。
噛み砕いた薬が口の中に残ってしまった場合などは、水で流し込むことも可能です。
水で飲んだために、効果が出にくくなるといったことはありませんので、ご安心下さい。
しかし、あまり噛み砕かない状態で飲みこんでしまった場合は、成分の吸収が遅くなる、充分な効果が出ないといった可能性が有りますので、できる限り細かく噛み砕いて飲み込むようにしてください。

カマグラチュアブルのシルデナフィル含有量は、世界基準では100mgとなっています。
日本国内では、半量の50mgを基準とし、処方しています。

カマグラチュアブルの副作用

カマグラチュアブルを服用すると、頭痛やほてり、めまい、動悸、視覚異常などが現れる場合があります。
ほとんどの場合、時間経過とともに症状は治まります。
めまいや視覚異常の副作用が出た場合、車の運転や機械の操作などは控えるようにしましょう。

副作用が酷い場合には、薬の過剰摂取が原因となっていることが多いので、服用量を減らす必要があります。
副作用が心配な場合は、ピルカッターで分割するなどして、少量から試すようにしましょう。
自身の体に合った量を見つけることが、安全な薬の使用に繋がります。

万が一、カマグラチュアブルを服用してから「勃起が4時間以上持続する」「急激に視力が低下した」といった症状が現れた場合、速やかに専門医に相談しましょう。
急激な視力の低下には視神経のリスクが付きまといます。
4時間以上の勃起の継続の場合、稀なケースではありますが勃起持続症の可能性が考えられます。
勃起持続症は海外で報告されたもので、最悪の場合、男性機能が失われてしまう可能性があります。

上記以外でも、この薬を服用して不都合な重い症状が出た場合、服用を一旦止め、医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

コメント