ED治療薬の種類(外用薬)

ED治療薬の種類(外用薬)

ED・勃起不全に関する治療薬には三大ED治療薬であるバイアグラ・シアリス・レビトラ、次世代ED治療薬と呼ばれるステンドラ、ザイデナなどがありますが、これらPDE5阻害薬と呼ばれる薬以外にも、ED改善に効果のある治療薬があります。

いずれも効果・持続時間には個人差があり、持病や常服薬がある方は医療機関へご相談してからご使用ください。

 

心臓に負担がかからないメシル酸フェントラミン

メシル酸フェントラミンは錠剤タイプの薬で、中国東部に拠点を置く中央薬局が販売しています。

中国ではED治療薬として認可されていますが、日本は経口剤として未認可ですので、個人輸入代行サイトなどを利用して買う必要があります。

 

メシル酸フェントラミンは、EDの原因となるアドレナリンを抑制します。

 

アドレナリンは性行為中にも放出されます。
しかし、何らかの原因によって必要以上に放出されると血圧が下がり、満足のいく勃起が出来なくなります。

この薬はアドレナリンを過剰に放出する交感神経をブロックし、陰茎海綿体などに十分な血液を送り込むことで勃起をサポートします。

心臓へ負担がかかるバイアグラやシアリスが使えない方でも服用することができるメリットがあり、この薬でEDを克服した人も少なくありません。

また不感症改善薬として女性も服用できるので、パートナーと一緒に使うこともできます。

メシル酸フェントラミンは服用後約15~30分で効果が現れ、5~7時間持続します。

日本では未承認医薬品ですので公的に副作用が報告されていませんが、血管拡張作用により頭痛や吐き気、腹痛などの症状が出たという人もいます。

また、人によっては1粒を摂取すると用量オーバーになる可能性がありますので注意して下さい。

適切な使い方をすれば高い効果が得られる治療薬です。

 

経口タイプのED治療薬が飲めない人のためのミューズ

ミューズは世界150カ国以上で医薬品を取り扱う大手製薬会社、メダ社が販売しています。

1996年にはアメリカ食品医薬品局(FDA)から認可も受けています。

この治療薬は排尿後に尿道を開いて、専用のスポイドのような物で薬剤を浸透させるタイプの薬です。

粘膜から吸収された有効成分のアルプロスタジルが血管を拡張し、血流を良くします。

その為、陰茎海綿体などに十分の血液が運ばれて勃起を促し、男性器に損傷がなければ性的興奮や刺激が無くても強制的に勃起することができます。
中折れでお悩みの方にもオススメです。

食事の影響を全く受けず、経口タイプのED治療薬が飲めない方でも使用することができるでしょう。

 

約5~10分で効果が現れ、持続時間は約1時間です。

使用後15分程で排尿してしまうと薬剤が流れ出てしまう可能性がありますので、使用の際にはその点を注意しなければいけません。

性行為の際は必ずコンドームを着用し、薬剤は冷蔵庫で保管をする必要もあります。

陰茎周辺の限定効果ですので、他の部分への副作用はありません。

しかし、一時的に陰茎の灼熱感などが現れることがありますので、時間が経って収まらない場合は医療機関へ相談して下さい。

 

天然成分配合で体に優しいヒムコリン

ヒムコリンは、インドの伝統医学に基づいて製造販売しているヒマラヤハーバルズ社の商品です。

天然生薬だけを使用しているクリームタイプの外用薬品で、陰茎に直接塗って使います。

血流を良くする有効成分、スタッフツリークライミングが血行を良くして血流を増やし、陰茎に十分な血液を運ぶことで勃起を助けます。

またインドでは昔から媚薬として使われていた植物のジャコウアオイが勃起力を高め、性欲向上もサポートします。

好きなタイミングで使えるので、性行為前やパートナーに塗ってもらうことも可能です。

性行為10分前に塗り込むことで、その場ですぐ実感でき、約3時間持続します。

経皮吸収タイプなので、医療用医薬品の制限がある方でも使用でき、経口薬やサプリメントとの併用もできるので、使い勝手が良い薬と言えるでしょう。

副作用の報告はありませんが、成分に過敏症を起こしたことのある人は使用を控えましょう。

また、塗布後には口に入らないようにします。

加えて女性器はデリケートな為、使用する際はコンドームの着用をしてください。

コメント