カマグラの併用禁忌薬

カマグラの併用禁忌薬

医薬品であるカマグラにも併用禁忌薬があります。
薬には併用に注意が必要とされるものと併用してはいけないものとがありますが、併用を禁止されている薬のことを併用禁忌薬と言います。

カマグラの併用禁忌薬の具体例を挙げると、狭心症や心筋梗塞などの心臓病の治療に使われる薬や、不整脈の治療に使われる薬などがあります。
これは、狭心症や心筋梗塞の治療薬には硝酸剤やニトログリセリン系の成分が使用されていて、強い血管の拡張作用を持つです。

この作用はカマグラと同様であり、併用することによって血管が拡張され過ぎてしまい急激な血圧の低下に結びつくリスクが高いとされています。

 

降圧作用による危険

不整脈の治療薬には、アミオダロン塩酸塩という薬品が含まれていて、このアミオダロン塩酸塩には心臓の働きを調節する作用があります。

 

これによって心臓を正常に保つのですが、カマグラとの併用によってカマグラに含まれるシルデナフィルがこの調整を乱してしまう恐れがあり、命に関わる恐れがあります。
カマグラなどED治療薬を海外から個人的に入手する場合、医師を介さないために併用禁忌薬に気づきにくい場合がありますので、現在使用している薬があるようでしたら併用可能なものかどうか必ずご確認ください。

 

さて、カルシウム拮抗剤やアンジオテンシン嫌韓酵素阻害薬、アンジオテンシンII受容体拮抗剤、利尿剤など、高血圧の治療に使われる薬剤には、降圧作用を持つイメージがあるかと思いますが、正確にはこれらの医薬品は徐々に血圧を下げる働きを持ちます。

 

狭心症の治療に用いられる硝酸剤などは冠動脈脈を拡張する作用があり、服用すると血管内の一酸化酸素を増加させ、血管拡張に働くcGMPを活発化させます。
この効果はシルデナフィルがPDE5を阻害してcGMPを活発化させるものに近い作用であるため、カマグラと、NOを供与する硝酸剤とを併用すると重い副作用を引き起こします。

 

QTc作用による危険

心電図といえば、多くの方は健康診断などで経験したことがあると思いますが、その時に、不整脈を疑われるケースもあります。これは心電図でのQT値の数値によるもので、0.35~0.44であれば正常ですが、0.35未満が心拍数の早くなるQT短縮で頻脈となり、0.45以上がQ心拍が遅くなるT延長で徐脈となります。

 

このQTというのが心室の収縮期に発生する信号のことで、これに異常が見られるのが不整脈です。

 

不整脈は、心筋に伝わる信号を発生させるカルシウムイオン、ナトリウムイオン、カリウムイオンなどのバランスが原因となっていて、治療には抗不整脈薬のアミオダロン塩酸塩を服用することもありますが、これをカマグラと併用した場合、突然死の原因ともなる薬剤性のQT延長症候群を招く危険性があることをご存知でしょうか。

 

不整脈の治療を受けている場合は、必ず医師にご相談ください。

 

症候性低血圧による危険

また、持病で不整脈がある場合は特に服用は避けたほうが安全です。
症候性低血圧は二次性低血圧とも言われ、通常の低血圧の本態性低血圧とは別にされています。

 

二次性低血圧とは、病気や薬剤からくるものなど原因がわかっている低血圧症のことですが、カマグラなどのED治療薬と、cGC刺激剤を含む肺高血圧症の治療薬やアデムパスと併用した場合に起こる危険な症状です。

 

血圧が下がることで心臓や脳に血が巡らず、最悪の場合命の危険や後遺症が残ることも珍しくありません。

 

なお肺高血圧とは、肺血管にコレステロールなどがたまってできた血栓が血管を固く狭くし、血液がそこを通るために血液が上がる病気です。
cGC刺激剤には、血管の一酸化窒素に働きcGMPを増やすカマグラと似た作用があり、これはカマグラがPDE5を阻害してcGMPを減らさず、cGC刺激剤によりcGMPが増加し長時間体中の血管拡張が起こることで発生する副作用になるのです。

 

性行為時に低血圧を発症し重い症状が出る危険性もありますので、肺高血圧症の方も必ず医師に相談しバイアグラやカマグラなどED治療薬との併用は避けてください。

コメント