カマグラの併用注意薬

カマグラの併用注意薬

カマグラを内服する際は、併用注意薬の存在を忘れてはいけません。
併用注意薬とは、禁忌とまでは断言できないけれど併用する際に何かしらの危険が及ぶ可能性が高い薬剤という意味です。

 

知らずに併用することで副作用が強く出たり体調を大きく崩す危険性もありますので、それを防ぐために覚えておいた方が良いことをご紹介します。

 

違うED治療薬の同時併用はできない

カマグラに含まれる成分のシルデナフィルは、勃起を抑制するPDE5の効果を阻害する作用と血管の拡張作用ということが大きな特徴です。
これらの二つの効果に対して同じような作用の薬剤を併用し内服することは危険です。

もしもPDE5の効果を阻害するような薬剤を併用した場合には、カマグラの作用がさらに強くなる、またはその作用が半減してしまうなどの影響が生じる可能性があります。
逆に、PDE5を誘導するような薬剤を併用した場合には、成分の吸収が急激に早くなるため効果が出る前に排出されてしまい十分な効果を得られない可能性も出てきます。

 

もう一つの血管の拡張作用に対しても同様のことが言えます。
例えば、おもに排尿障害の治療薬の中にはα受容体遮断薬と呼ばれるものがあり、カマグラと併用し内服すると、血管の拡張作用が増強し心拍数が急激に上がるため危険です。
ED治療薬は含まれる成分の性質により、単体で内服する場合を除き、他の薬剤と併用し内服する際には十分な配慮が必要とされます。

 

そのため、十分な知識をもって内服する必要性があります。
既に内服している薬剤がある方は、必ずその薬剤が併用注意薬または禁忌薬ではないか知る必要があるため以下より確認してください。

 

併用で悪影響が出る代表的な薬

カマグラやバイアグラなどのシルデナフィル錠の併用禁忌薬について代表的なものは、アンカロン錠100やアミオダロン塩酸塩錠100mgなどの塩酸アミオダロン製剤と呼ばれる薬剤です。

これらをカマグラと併用すると、血圧が急激に低下する危険性があります。
また、虚血性心疾患の治療に用いられる血管拡張剤の中には、ニトログリセリン・アイトロール錠・エスタット錠・イソコロナールRカプセル・アイスラール錠などがあります。

 

さらに、ミオコールスプレー・ニトロールスプレーやジドレンテープ・ミニトロテープ・サワドールテープおよびフランドルテープなどのスプレー薬や貼り薬も該当します。その他、ニトプロ持続静注液・ニコランジル点滴静注用なども含まれます。

なお同じED治療薬であるレビトラの併用禁忌薬については上述した硝酸剤などのほか、HIV治療によく用いられ抗ウィルス薬とされるカレトラ錠・カレトラ・インビラーゼカプセルおよびリキッド・スタリビルド配合錠・レイアタッツカプセル・クリキシバンカプセルなどが該当します。

その他、抗真菌薬のイトラコネート錠・イコナゾンカプセル・イトラコナゾール錠・トラコナ錠およびイトリゾール内服液などもあります。
抗不整脈薬である、アミサリン錠・アジマリン錠50・シベンゾリンコハク酸塩錠・リスラミドR錠・ピメノールカプセル・ジソピラミドカプセル・アジマリン錠・チヨバンカプセル・硫酸キニジン錠・リスピンR錠なども含まれますので、シルデナフィル錠と同じく使用前に必ず確認するようにしましょう。

 

第三のED治療薬シアリスの併用禁忌薬についてもシルデナフィル錠の併用注意薬と重複する点が多いですが、シルデナフィル錠ほど禁忌とされている薬剤の種類は多くはありません。

以上がカマグラやバイアグラをはじめとしたED治療薬の代表的な併用注意・禁忌薬ですが、ここで述べた薬剤が全てではないため内服する際には医師へ相談した上で処方してもらいましょう。

 

ED治療薬全般に共通する併用注意薬

カマグラやバイアグラの有効成分シルデナフィルやバルデナフィル、タダラフィルに共通した併用注意薬は、前立腺肥大の治療薬として使用されるα遮断薬であるハルナール・テラゾシン・カルデナリン・フリバス・ユリーフなどです。
その他、トラブゾン・イセプレス・エブランチルなども該当します。

 

また降圧剤の全般や急性心不全治療剤のカルペリチド、CYP3A誘導剤も含まれます。
心筋梗塞・狭心症といった既往症がある方は、主治医に相談した上で慎重に内服しなければいけません。

コメント