EDを薬で治す方法

EDを薬で治す方法

ED治療薬と言われるものはたくさんあり種類も豊富です。
ただし、日本国内でEDの治療薬として認められ購入できる薬は「バイアグラ」「シアリス」「レビトラ」だけです。
この3種類は国が認めているので処方されやすく安全と言えるでしょう。

これらの薬は、1錠1,500円程度の価格から購入できます。
しかし日本では保険適用となっていません。
EDの診察に関しても保険適用ではないので、自分に合ったものをしっかりと選べる知識が必要になってきます。

ED治療薬はどれも同じではありません。
自分に合った使い方のできる治療薬を選びましょう。
治療薬の効き目の早さや、どれくらいの時間効いているのか、食事によって効き目に違いがあるのかは大事なポイントです。

治療薬を飲んでから効果があらわれるのに2時間ほどかかる薬であれば、性行為の時間を逆算して飲まなければいけません。
性行為に及ぶかどうか分からない時に治療薬を飲むのは、1錠の価格を考えるともったいないと感じるでしょう。

治療薬を効果的に飲み使用するためには、治療薬の特徴や効果を理解して使い分けることが必要です。

 

ED治療薬の比較

EDの治療薬として最も知られていて、効き目があると思われているのはバイアグラでしょう。
でもバイアグラほどの知名度はなくても、EDの治療薬は多種多様にあることをご存じでしょうか?

EDの治療薬として広く扱われている薬には、シアリスやレビトラ、ステンドラというものがあります。
これらの治療薬は、服用することで顔や体が火照り血行が良くなってきます。
全身の血行が良くなることで海綿体の血管が広がり、それが勃起を持続させることになるのです。

もちろんそれぞれの治療薬には特徴があります。

効果が出始めるまでの時間や持続時間を調べ、あなたに合った治療薬を使いましょう。
バイアグラは飲んでから30分~1時間くらいで効果があらわれ、5時間ほどの持続が期待できます。
シアリスは1時間以上しないと効果があらわれませんが、最大36時間持続します。

レビトラは即効性に優れていて服用から最速15分程度で発現する点がポイントです。

ステンドラはレビトラと同じ程度の即効性でありながら食事の影響を受けず副作用も弱いという特徴があり、三大ED治療薬が体に合わず使えなかった人におすすめです。

ED治療薬は携帯しやすいように錠剤やフィルム剤があります。
ひし形や丸形、涙型などありますが、どれも小さく飲みやすくなっています。

ED治療薬の特徴を知っていけば、ご自分のライフスタイルに合ったものを選ぶことができるでしょう。

 

バイアグラの特徴

バイアグラはアメリカの製薬会社が開発した、1番最初のED治療薬です。

ED治療薬といえばバイアグラ以外の名前がでてこないという人も多いでしょう。
それくらい有名な治療薬です。

バイアグラは錠剤タイプとODフィルム剤が販売されています。
バイアグラは25mgと50mgの大きさがあり、1回に服用するのは50mgまでが適切とされています。

バイアグラを飲んでから1時間ほどすると効果があらわれ始め、平均して5時間その状態が続きます。
効き目が早いので、性行為になりそうな前に飲んでも十分に効果が期待できます。
バイアグラは食事によって効果に影響が大きくでるので、できるだけ空腹の時に飲むようにしましょう。

バイアグラを飲んでから30分過ぎれば、食事をとっても何の問題もありません。
食事をしたあとで服用したいと思った場合には、時間を2時間あけて飲めば効果があるので大丈夫です。

もともとバイアグラは狭心症の薬を開発している時に誕生したと言われています。
シルデナフィルはED治療薬であり、肺高血圧症の薬でもあります。体の中のホスホジエステラーゼ(PDE5)の活動が活発だと血液量が減ることにつながります。
その働きを妨害することで血管が広がり、勃起不全の改善につながるのです。

後発薬であるジェネリック医薬品を利用すれば、安い価格で購入することもできます。
カマグラやカマグラゼリーなどは人気も高く効果もお墨付きなので、一度試してみても良いかもしれません。

コメント