ED・勃起不全とは

ED・勃起不全とは

男性器の機能低下に関してのお悩みはないでしょうか。

男性器の勃起不全や、中折れ、硬度不足、パートナーを満足させられないなどといったそのお悩みも、もしかしたらEDかもしれません。

他にも、男性器の勃起不全による男性自身およびパートナーを不安にさせてしまう状態もEDの症状に含まれています。

EDと聞くと、非常にデリケートな問題ですから、誰かに相談したりといったことはなかなか難しいかもしれませんが、しっかりと正しい対応を行っていけば改善していくことのできる症状なのです。

またEDは加齢であったり体質によるものと思われがちですが、実はその症状の裏には別の病気が隠れていることもあります。

ですので解決に向け適切な対処を行なっていきましょう。

 

ED・勃起不全・インポテンツの違い

EDとはどういったものなのでしょうか。

ひとくくりにEDと言っても、その中には様々な症状があります。

男性特有の性機能障害、EDについて触れていきましょう。

まず、EDとは正式にはErectile Dysfunction(エレクタイル ディスファンクション)と言い、男性器の機能低下という意味です。
昔はインポテンツとも呼ばれていた症状ですが、現在ではEDとインポテンツでは具体的に症状や意味が異なることから、別の症状と区別して考えられています。

EDは勃起不全の症状を指しており、男性器が勃起しない、または勃起状態の持続が困難である、硬度不足であるなどといった性交渉に支障をきたしてしまう症状のひとつですが、それに対してインポテンツは現在では男性不妊の症状を指す意味として使われることがあります。

勃起不全は適切な治療により改善することが可能です。

そのためには、何が原因となっているのかをしっかりと見極めることが大切になってきます。

性機能障害がどのようにして起こるのか、男性器が不調になる原因は何か原因がわかれば、それに合った対処法がわかります。

原因を突き止め、適切な治療を受け、症状を改善させていきましょう。
なおED治療において、世界初のED治療薬バイアグラやバイアグラジェネリックであるカマグラなどED治療薬の使用で改善する方法が、最も一般的です。

 

性機能障害

ではここからEDについての理解を深めていただけるように、EDと性機能障害との関係性についてと勃起不全とインポテンツの違いについてをさらに詳しく触れていきたいと思います。

性機能障害には、勃起しない・または勃起の維持が困難な状態や、射精ができない・性欲の低下や、オルガズムへの到達が困難といった症状が挙げられます。

その中でも特に多い症状が、射精障害です。

射精障害とは、早漏や、逆行性射精、無射精などの射精に関する症状のことです。
早漏・逆行性射精・無射精、この3つの症状について詳しく説明したいと思います。

まず早漏とは性行為中に挿入を開始して1分以内に射精してしまう症状のことで、早漏が起こる原因として、男性器の感覚が過敏であることや、脳のセロトニンの分泌が挙げられます。

次に逆行性射精ですが、これは不妊症の原因のひとつともなっており、精液が放出されずに内部に逆流してしまう症状のことで前立腺による病気や糖尿病、脊髄損傷などが考えられる原因とされています。

最後に、無射精は射精時に精液が出ない症状を指し、前述の逆行性射精と同様、前立腺や糖尿、脊髄の病気が原因で発症することがあると考えられます。

これらの症状は、原因となる病気の他にもストレスや疲れといったことでも悪化してしまうリスクがあり、心理的要因や身体的要因などの様々な問題が重なることで、性機能障害が引き起こされてしまいます。

コメント