バイアグラと飲んではいけない薬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイアグラと飲んではいけない薬

バイアグラの併用禁忌とされている薬品には、主に心臓の薬などがあります。

これは、飲み合わせの悪さによって相互作用(互いに作用することで効果が強く出てしまう)や副作用が大きく出てしまう危険性があり、必ずしも悪影響を及ぼすというわけでこそありませんが、気をつけなければなりません。

 

併用禁忌薬は、必ずしも錠剤に限りません。
該当する成分が使われていると相互作用を起こす可能性が高いため、バイアグラやカマグラなどED治療薬を飲む前に、常用している薬の成分を調べるようにしましょう。

 

バイアグラの併用禁忌薬

注意が必要な薬は様々あるのですが、中でも特に気をつけなければならないのは硝酸剤と塩酸アミオダロン製剤です。

硝酸剤は心筋梗塞や狭心症の発作の際に使用するニトログリセリンなどが有名です。

この硝酸剤や塩酸アミオダロン製剤が処方される主な疾患として、【心房細動】【狭心症】【心筋梗塞】【心室性頻脈】【肥大性心筋症】があります。

このほか、心臓疾患の治療を受けている場合も循環器の治療にアンカロンなどの塩酸アミオダロン製剤が用いられている場合があるので、服用の際は主治医へご相談ください。

これらの持病がある方がバイアグラを服用した場合、有効成分のシルデナフィルが肺動脈や冠動脈の平滑筋にあるPDE5に作用し、PDE5の活動を阻害することによって「QT延長作用」があらわれてしまうことがあるため、禁忌とされています。

 

「QT延長作用」とは心電図の波形のにおいて、狭心症発作や心房細動のある人に見られる独特な乱れのあるQT派の事で、シルデナフィルの作用によってこのQT派が大きく延長することで胸痛発作や呼吸不全を引き起こす可能性があります。

また高血圧症の方の場合は、治療に用いられる降圧剤がシルデナフィルの血管拡張作用と相互作用し、血管の異常拡張を招き低血圧発作が起こる危険性があるとされていて、特に「アダラートL」や「ノルバスク」などが併用禁忌とされています。

 

さらに中年期以降に発症する確率の高くなる前立腺肥大症も、治療薬のαブロッカーに降圧作用があるために併用禁忌とされています。

抗不整脈剤との併用では、シルデナフィルが心筋付近のPDE5の働きを阻害してしまうことにより不整脈のリスクを高めてしまいます。

「リトナビル」「エリスロマイシン」「ダルナビル」「シメジン(シメチジン)」などのチトクロームP450 3A4阻害剤と併用すると、シルデナフィルが肝臓で代謝される際に作用するCYP3A4という酵素の働きが阻害されてしまい、シルデナフィルの代謝が遅れることにより持続性勃起状態やホットフラッシュ(上半身の異常なほてり)などを発症するリスクが高くなると言われています。

 

バイアグラの使用禁忌薬

他にもバイアグラの併用禁忌または使用禁忌とされる医薬品は多数あります。

以下の一覧を参考にご確認ください。

【α遮断薬(高血圧や前立腺肥大症の治療薬)】

・アビショット

・イセプレス

・エブランチル

・カルデナリン

・ダウナット

・テラゾシン

・デタントール

・トラブゾン

・ドキサゾシン

・ハイトラシン

・ハルナール

・フリバス

・ミニプレス

・ユリーフ

・レギチーン 等

【降圧剤】

・アダラートL

・アムロジン

・ノルバスク 等

【CYP3A誘導体】

・ポセンタン

・リファンピシン 等

【急性心不全治療薬】

・カルペリチド

【不整脈治療薬】

・アミサリン

・アンカロン

・ウェルビー 等

【性高血圧症治療薬】

・アデムパス 等

【硝酸剤】

・アイトロール

・アバティアテープ

・アンタップ

・イソコナールRカプセル

・イソビット

・L-オーネスゲン錠

・サワドールL
・シグマート

・硝酸アミル

・ニトラステープ

・ニトルペン錠

・ニトロールRカプセル

・二トロダームTTS

・ハイパジールコーワ錠 等

【チトクロームP450 3A4阻害剤】

・エリスロマイシン

・シメジン(シメチジン)

・ダルナビル

・リトナビル 等

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*