バイアグラの副作用

バイアグラの副作用

バイアグラは血流改善効果が高く服用後30~40分ほどで血流が上昇し始め、1時間ほどから頭がぼーっとしたりどきどきしたりといった一時的な副作用が現れる場合があります。

バイアグラの主な副作用には、頭痛、顔の火照り、多汗、発赤、目の充血、頭重感などがあります。

これらの副作用を経験する方は比較的多く報告されており、この程度であれば問題はないのですが、このような副作用をできる限り抑えるためにはどうすればいいのか、注意すべき点について説明していきたいと思います。

 

主な副作用と稀に起こる副作用

まず服用方法を守り、過剰服用および連続服用はしないでください。
バイアグラは精力増強剤や媚薬ではありません。

次に、心臓病や前立腺肥大症がある場合や、その他の病気等により投薬治療中の方は医師に相談をし、医師の指示のもと正しく服用してください。

そして、副作用と思われる症状(発赤、発汗、動悸、薬疹、悪心など)が続く場合は使用を中止し、処方医へ相談してください。

ED治療薬には稀に胸焼けや下痢などの消化器に関わる副作用が出る場合もあります。

また、腹時に服用する薬ですので、胃腸虚弱や逆流性食道炎、慢性胃炎など、消化器系に既往症のある方が服用する際にはご注意ください。

報告されている中には、深刻な副作用もいくつかあります。

 

【強烈な頭痛】

急な血管の拡張による片頭痛のような拍動性頭痛が起こる場合があります。

【持続性勃起症】

バイアグラの作用時間は一般的に3~4時間程度ですが、効果が持続しすぎて射精後も勃起が継続する場合があります。

この場合、勃起状態が1日以上継続するようであれば持続性勃起症の発症の可能性がありますので、泌尿器科を受診してください。

【持続性難聴】
突然耳が聞こえにくくなるというケースが報告されており、バイアグラとの因果関係は不明ですが、これも副作用の一つであると考えられています。

【低血圧症】

血流改善効果による血管の拡張から低血圧発作を招く恐れがあります。
不整脈や高血圧、低血圧症の方が服用した場合は、狭心症のような胸痛発作を起こす危険性もあります。

 

以上のように、副作用には深刻な症状のものもあります。

バイアグラの効果を得るためには、どのくらいの量を服用すべきかというところは、個人差が大きく関わってきますので一概に具体的な量は言えません。

ですが一般的には高齢の方よりは若年の方のほうが効きやすく、大柄な体型の方よりは小柄な体型の方のほうが効きやすいとされています。

高血圧症や糖尿病など、生活習慣病にかかっている方や精神疾患のある方なども効果が得られにくいと言われています。

 

バイアグラの服用限度量

バイアグラの添付文書を見ると「1日1回空腹時に50mgまで服用」「服用の間隔を24時間以上あける」と記載されています。

補足になりますが、海外の場合は100mgまで服用が承認されています。

ですから、もしも医師によるコントロールのもとで正しく服用できるのであれば100mgまでは増量することができるとも言えるでしょう。

その場合には50mgを1錠と25mgを1錠で、合わせて75mgとして服用するなど、50mgと25mgとを組み合わせての服用になります。

しかし、薬の量の調整などに関しては医師の判断によるもので、適切な量以外の摂取は多くの危険性が伴います。

間違っても個人の判断で最大量まで増量して服用するようなことはしないでください。

オーバードーズ(健康被害が起こるほどの薬品の過剰摂取)を起こしてしまえば大変危険な上、EDの治療どころではなくなってしまいます。

バイアグラの本来の効果を正しく得るためにも、しっかりと適切な服用方法を守りましょう。

コメント