バイアグラの服用方法

バイアグラの服用方法

バイアグラを服用すると、一時的にEDの症状は改善されます。

しかし、常用することによって体が薬に対する耐性を持ってしまい効きにくくなってしまうという声もあります。

バイアグラとシアリスとレビトラ、3つのED治療薬の効き目の強さを比較すると、即効性や効き目の強さの高いものからレビトラ>バイアグラ>シアリスといった順番になります。

バイアグラに耐性ができてしまうと他のED治療薬も効かなくなってしまうことも懸念されますので、ストレス対策や生活習慣の改善などを行いながら、しっかりバイアグラの効果が得られるような服用をすることが大切です。

 

バイアグラの作用時間

服用のタイミングによってや個人差もありますが、バイアグラの作用時間は平均して3時間前後であることから長くても5時間程度です。

ファイザー製薬の公表する臨床データによると、単回での服用、連続服用共に主成分のシルデナフィルは3時間を経過すると急速に代謝されたとの報告がされています。

しかし実際この臨床検査の被験者数は20人程度で、インターネット上のブログやレビューなどでは作用時間が5時間ほど継続していた旨の感想が掲載されていることがあります。

効果が出始めるのは服用後45分~1時間ほどですが、これにも個人差がありますので、ご自身の場合は効果が現れるまでにどのくらいの時間がかかるのか、一度試してみることをお勧めします。

 

服用する時に注意すること

バイアグラは食事の影響を受けやすいため、できる限り空腹時に服用するように気をつましょう。

アルコールに関してはあまり影響を受けにくいため、ワインであればグラス一杯、日本酒の場合は1合ほどであれば飲酒も問題ありません。

ですが個人差によっては、アルコールに弱い人であれば血流が増えすぎて目の充血やほてりなどの症状が出やすくなります。

バイアグラの服用方法ですが、他の内服薬同様で水かぬるま湯で飲むことがベストです。

カフェインやアルコールの影響を受けることはあまりないですが、個人差によってはカフェインやアルコールの成分の作用が効きすぎてしまう場合があります。

なお有効成分のシルデナフィルは脂溶性の成分で、乳脂肪によって溶解され体内に吸収されずに排泄されてしまうこともあるので、牛乳やカフェオレなど乳脂肪分の含まれた飲み物と一緒に飲むことは避けてください。

100%果汁のジュースにも脂肪酸が含まれている場合があります。

カロリーの高いドリンクと一緒に飲むことや、できる限り脂っこい食事なども避けたほうが良いでしょう。

また、胃の中が空になるまでにかかる時間は食後約2時間程度と言われますが、慢性胃炎や逆流性胃炎、胃腸虚弱や胃の摘出手術を受けたことがある人の場合は通常よりも脂質の代謝が遅くなることがあるほか、普通の人の場合でも脂質は6時間程度胃粘膜に付着しているといわれます。

バイアグラが食事の影響を受けやすいのはシルデナフィルが油に溶けやすい成分であることからですが、空腹時の方がより早く吸収されるというデータもあります。

健康な成人16人にシルデナフィル50mgを食後と空腹時でそれぞれ服用してもらうと、Tmax(最高血漿中濃度到達時間)は食後で3.0時間後なのに対し、空腹時が1.2時間後で、さらにCmax(最高血漿中濃度)は食後が149ng/mLで、空腹時は225ng/mLとの結果が出ています。

やはり、より早く確実に効果を得たい場合は、空腹時に服用することが一番です。

細かいことを言えば空腹の状態は性欲が低下しがちですので、正確には空腹時の服用というよりは、油っこくない食事の2時間後ほどの服用が最善でしょう。

しかしEDには心因性の要因も大きく影響しますし、少ない被験者の検査データですので医師によってはあまり神経質にならないほうがいいという意見もあります。

コメント