カマグラの先発薬バイアグラ

 

カマグラの先発薬バイアグラ

バイアグラは世界初のED治療薬です。
バイアグラの発売後、いくつかの新薬やカマグラをはじめとしたバイアグラのジェネリック医薬品が開発されていますが、その実力と人気は現在でも高く世界シェアの50%を占めると言われるほどです。

シルデナフィルはバイアグラの主成分ですが、バイアグラが世界的に有名となったことで勃起不全を改善する薬として認知されています。
しかし、元々は狭心症などを治療する循環器用剤として研究開発されていた成分なので、その作用として高い血流改善効果があります。

シルデナフィルは脂溶性です。

これは「脂に溶けやすい」とい性質を示す言葉で、シルデナフィルも食品に含まれる脂に結合しやすいということが分かります。
シルデナフィルが脂と結合してしまうと、腸から吸収されることなく体外に排出されてしまいます。
そうなっては、せっかくの効果が十分得られないということになりかねません。

そこで、バイアグラは空腹に服用することを推奨されています。
服用後に有効成分が吸収され、効果を発揮するまでには45分以上かかり、効果の持続時間は5時間程度となっています。
十分な効果を得るためには空腹時の服用と、性行為の1時間前に服用するという2点に注意しなくてはいけません。

食後2時間ほどで胃の中は空っぽになると言われていますが、これはあくまでも一般的なデータです。
食事の内容が中華や洋食など脂肪分の多いメニューだった場合は、2時間経っても胃の粘膜に脂肪分が付着していることがあります。
その状態では薬の吸収率が悪くなる可能性があります。

デート後にバイアグラを使う、というプランであれば食事は避けられない事も多いでしょう。
その場合は、あっさりしたメニューで軽めに食べる(いわゆる腹八分)といった工夫をしてください。
服用方法を正しく守れば80%に近い確率で勃起および勃起の維持に効果を発揮してくれます。

 

バイアグラを開発したファイザー

バイアグラを世界で初めて製造・販売したのは大手製薬メーカーであるファイザー社です。
ファイザーは治療法がなく困っている人たちのために開発・研究を様々な分野で重ねている製薬業界のトップであり、先発医薬品メーカーでもあるアメリカの会社です。

ファイザー社が開発した医薬品は有効性・安全性に定評があり、バイアグラは販売開始以来、多くの方々に愛用され続けています。
発売が一番早く、一番利用されているということは多くのエビデンスが蓄積されることにつながります。

そしてそれは信頼性の高い薬だという認識を生むことになりました。

勃起不全については病気という概念も薄く、「年のせいだと諦めていた」「パートナーとともに諦めていた」とい方も多く、若い世代においても「性行為が楽しくない。プレッシャーだ」といった意見や「子供は欲しいけど性行為が困難だった」と、悩みを深める人たちも沢山いました。

そうした悩みを抱えた多くの男性にとってバイアグラの発売は大きな福音となり、歴史を変えたと言っても過言ではありません。
バイアグラは1998年に勃起不全改善薬としてアメリカで販売が開始されると、「夢の薬」としてたちまち脚光を浴びました。

「毎日決まった量を決まった時間に飲まなくてはならない」というのではなく「性行為の1時間前に服用すればよい」という手軽さも当時の話題となったようです。

 

バイアグラの有効成分シルデナフィル

バイアグラはシルデナフィルを有効成分として含みます。
この成分は勃起不全の原因であるPDE5という酵素の働きを阻害し、陰茎への血流を増やすことで勃起を促し持続させます。
シルデナフィルの含有量によって25mgと50mgのタイプがあります。

バイアグラは空腹時に服用するのが基本です。
満腹の状態や泥酔時に服用すると、薬の効果を邪魔する可能性がありますのでご注意ください。

発売以降、硝酸剤(ニトログリセリン)を服用している患者さんが自己判断で個人輸入し、使用した結果、心停止するという事件が発生しました。
そのため、現在では硝酸剤を服用中の患者さんには「禁忌」「併用禁忌」となっており、服用はできないと明確に禁止されています。

シルデナフィルを含有している薬剤には、色々な剤形が出揃うようになりました。
水がなくても服用できるOD錠、ODフィルムタイプなどがあり、日本の製薬メーカーから出されたジェネリックもあります。
どのタイプも効果の発現までに30~60分かかり、持続時間は25mgで約5時間程度、50mgで約8時間程度となっています。

ED治療薬はバイアグラをはじめ、様々な種類があります。
自分の合ったものも見つけやすくなっているので、諦めずにトライしてみてください。

コメント