カマグラの製薬会社

カマグラの製薬会社

カマグラは、インドに拠点を持つアジャンタファーマ社という製薬会社により製造、販売がされています。

アジャンタファーマ社から製造、販売されている商品は1400品を超えており、取り扱いのある種類も非常に多く、アメリカやアフリカ、フィリピンなどをはじめ、世界中30か国以上もの国で流通しています。

取り扱いのある薬品の中には、ED治療薬をはじめ皮膚病や眼病、心臓病などの治療薬、さらには抗生物質や抗ヒスタミン薬、マルチビタミンなどまであり、特にアジアやアフリカなどの国には名の知れた製薬会社なのです。

アジャンタファーマ社が、中でも特に力を入れているのがED治療薬のジェネリック医薬品であり、バイアグラのジェネリック医薬品としてのカマグラを筆頭に、レビトラ、シアリスなどといった日本でもおなじみのジェネリック医薬品も手がけています。

その高度な技術力と実績などから、薬剤の効果はもちろん、信頼のおける製薬会社です。

 

バイアグラで証明されるカマグラの効果

カマグラはバイアグラのジェネリック医薬品であり、先発薬のバイアグラの有効成分や効果などがそのまま同等のものになっています。

では、カマグラの効果について説明していきたいところですが、カマグラの場合は臨床試験が不要となっていて、臨床データが公開されていませんので、ここでは先発薬であるバイアグラの効果で説明していきたいと思います。

もともとはED治療薬としてではなく、狭心症の治療薬として開発されていたバイアグラですが、その開発途中で二次的にEDの改善に効果をもたらすことが分かって生まれた薬剤です。
アメリカのファイザー製薬で製造、販売がされてからは、優れた効果から、一躍世界から注目される薬剤となりました。

バイアグラによってもたらされる効果は、勃起とその維持です。

利点としては服用してから約1時間ほどで効果が現れるという即効性ですが、その反面、食事によって影響を受けてしまい、服用のタイミングを選ぶといった難点もあります。

有効成分であるシルデナフィルが勃起を収める作用を持つ酵素であるPDE5の活動を阻害することで勃起を強く維持することが可能になります。

 

カマグラのバリエーション

バイアグラが発売されたばかりの頃は、25mgと50mgの二種類の錠剤でした。

この二つの効き目はほぼ同等で、作用時間が異なり、25mgでおよそ4~5時間、50mgでおよそ5~6時間継続するとされています。

もちろんこの作用時間の間ずっと勃起状態が継続するのではなく、PDE5によって勃起が収まる作用を阻害するものですから、性的興奮を受けた場合にのみ勃起は起こります。

バイアグラといえば小さな錠剤ですが、バイアグラは先発薬ですので、剤形はその一種類のみです。
錠剤ですので、万が一服用する際に水がない状況だったりした場合、非常に服用が困難です。

そこで、ジェネリック医薬品であるカマグラは、バイアグラの成分や効果はそのままに、先発薬よりも服用のしやすさなどを考慮して、錠剤だけでなく、様々な形状での開発がなされています。

さらに、アジャンタファーマ社の着眼点は形状だけではありませんでした。
アジャンタファーマ社が特にこだわったのが、薬剤の「味」だったのです。

錠剤であれば、通常は水と一緒に飲み込むだけですので、味を感じるといったことはありませんが、カマグラの中でも、カマグラゼリーやカマグラチュアブルなどの薬剤には様々な種類の風味があり、あまり治療薬らしさを感じさせない使用感になっています。

さらには、錠剤からゼリー状へと剤形を変えることで、体内への吸収速度を一層早くすることが可能になりました。

通常の錠剤のカマグラが服用してから効果を発揮するまでの時間が30分~1時間ほど経過した後であるのに対して、ゼリー状のカマグラは服用後15分程度です。

カマグラには多くの種類の薬剤がありますので、服用する場面に合わせて選ぶこともできますし、どんなものが自分に合うのか選ぶことも可能です。

コメント