カマグラの有効成分

カマグラの有効成分

カマグラの有効成分であるシルデナフィルは、先発薬であるバイアグラにも含まれている成分で、勃起不全や肺高血圧症の治療に用いられることの多い薬です。

現在ではバイアグラの特許権は終了し、シルデナフィルを含むED治療薬が多く普及していて、カマグラもその中の一つです。

本来、狭心症の治療薬として開発を進められていたシルデナフィルですが、狭心症への効果は認められませんでした。

しかし、治験において、被験者が余った分の薬剤を返却することを拒否したことから、陰茎勃起を促す作用を持つことがわかり、ED治療薬として、歴史を変える薬となり注目を浴びました。

その素晴らしい効果は、日本においても個人輸入代行を通じて広く流通するようになったのです。

カマグラはバイアグラのジェネリック医薬品ですから、シルデナフィルの含有量も、効き目も効果も、すべてバイアグラ同様です。

バイアグラはED治療薬の先駆者であり、名も知られているものですから、病院などで処方される際に恥ずかしさを感じる方もいると思います。

ですが、シルデナフィルが含まれているものであれば、バイアグラでなくともED治療薬としての効果は見込めますので、個人輸入代行やインターネット上などを利用して自分に合うED治療薬を見つけてみるのもいいでしょう。

 

EDの原因に効く成分

カマグラはシルデナフィルを含んでおり、EDの原因の一つであるPDE5という酵素の働きを阻害し、勃起維持に作用する薬で、PDE5阻害薬に分類されます。

PDEとは、PhosphoDiEsterase(ホスホジエステラーゼ)の略で、勃起に必要なcGMPとは深い関わりがあります。

PDE5よりもcGMPの量の方が多い間は勃起が維持し、PDE5が増えると興奮が静まり、勃起が終了します。

PDE5を阻害する作用を持つPDE5阻害薬には、カマグラの有効成分であるシルデナフィルの他、バルデナフィル、タダラフィルなどがあります。

PDE5阻害薬の主な効果は二通りで、一つ目に勃起を継続させる効果と、もう一つが血管の拡張および血流を促進させる効果とがあります。

さて、EDの原因の一つとして加齢があります。
加齢により血管が硬化し、その血管の中の血流も悪くなってしまう場合があり、それは毛細血管の多い陰茎でも同じです。

本来、陰茎に血液が充満することで勃起が起こり、硬度を維持するのですが、加齢により血管が硬くなることでそれが困難になってしまいます。

そこで、カマグラをはじめPDE5阻害剤が作用し、血管を拡張し、血流を増やすことで勃起を促します。

PDE5阻害薬がED治療薬として多くの支持を得ているのには、このように双方から作用するという理由があるのです。

 

シルデナフィルの作用機序

PDE5はカマグラの効果に大きく影響しています。

勃起はいつまでも継続するわけではなく、興奮が静まることなどにより治っていきます。

この勃起が収まる過程に作用するのがPDE5です。

PDE5とは、尿道の周囲にある陰茎海綿体(勃起時に硬くなる部分)の中にある酵素のことで、興奮することでつくりだされる成分であるcGMPを分解する作用をがあります。

勃起とは、興奮によってCGPが大量に分泌され、その量がPDE5よりも多い間は継続しますが、PDE5の活動が活発になるにつれ、CGMPは分解され、興奮は静まり、勃起が終了します。

しかし、勃起不全を発症すると、何らかの異常によりPDE5の量が過剰に増えてしまったり、過剰に作用してしまうのです。

シルデナフィルの効果は、勃起の促進と言うよりも勃起を持続させるといった面から作用します。

ED治療薬の作用には血管を拡張させたり、勃起力の向上もある程度はありますが、あくまでも本来持っている勃起力を得るためのもので、カマグラを服用することで勃起時の大きさに変化をもたらすものではありません。

コメント