カマグラと他のED治療薬の比較

カマグラと他のED治療薬の比較

ED治療薬にはカマグラのほかにもさまざまな種類が存在します。
カマグラはバイアグラのジェネリック医薬品でありますが、バイアグラに続き日本で認可されたレビトラやシアリスなどは、カマグラよりも認知度も高いでしょう。

レビトラ、シアリスにも同じようにジェネリック医薬品が存在していますが、カマグラと同じく日本ではまだ認可されていません。
そのため購入コストを抑えるならば、海外通販などを使用しなければ基本的に手に入りません。

バイアグラのジェネリック医薬品もカマグラだけではなく、様々な種類が存在します。
基本的な主成分はシルデナフィルなので、その成分がバイアグラと同じ量含まれていればジェネリック医薬品となりえるのです。
カマグラの他にも、ビゴレ、バイスマなどがジェネリック医薬品となります。

このような他剤との違いは、薬の大きさによる飲みやすさ、フレーバーなどになります。
その中でもカマグラがおすすめできる理由として、その知名度にあります。

カマグラはバイアグラのジェネリック医薬品として海外では広く知名度があり、日本でアクセスすることができる海外通販サイトでも取り扱いしているところが多いです。
値段も誤差程度ですが違いがあるので、安全かつ安価な場所を選んで購入することができます。

 

即効性に優れたレビトラ

レビトラは2003年にドイツのバイエル社によって発売された2番目のED治療薬です。
レビトラの特徴は、食事の影響を受けにくいこと、即効性が高いことにあります。
世界初のED治療薬であるバイアグラには、食事の影響を強く受けるという欠点がありました。

レビトラはそのバイアグラの欠点を改善したED治療薬です。
製薬会社の公表する臨床試験結果では「標準的な食事の直後に摂取した場合も、空腹時と同様の効果を認められる」という結果が出ています。

しかし、あくまで「標準的な食事の場合」というのがポイントで、服用前の食事は腹八分目にする、高脂肪食は避けるなどの注意が必要なため、空腹時に服用したほうが確実に効果を得られるでしょう。

レビトラはバイアグラと比べて分子構造的に水に溶けやすく出来ています。
そのため即効性が高く、空腹時であれば服用後20分程度で効果が表れます。
持続時間も20mg錠では最大10時間と、比較的長く続きます。

レビトラは先行して使われていたバイアグラの反省点が改善されている点が多く、副作用もバイアグラよりも少ないと感じる方が多いようです。

しかし、必ずしもレビトラのほうが優れている点が多いというわけではありません。
バイアグラと比べるとレビトラは併用禁忌薬が多いという注意点があります。
レビトラだけでなく全てのED治療薬にいえることですが、持病で服用している薬がある方は、服用前に必ず医師に相談するようにしましょう。

この点は後発薬であるレビトラジェネリックも同様ですので、ご注意ください。

 

長時間効くシアリス

シアリスは日本では2007年に発売された、国内3番目のED治療薬です。

バイアグラやレビトラと違って、最大36時間という圧倒的な持続時間を持つのが特徴です。

その持続時間の長さから、金曜日の夜から日曜日まで持続するということで「ウイークエンドピル」とも呼ばれています。
バイアグラやレビトラでは、持続時間の関係から服用タイミングを計る必要がありますが、シアリスはタイミングを気にせず服用することが出来ます。

そういった点からも、長い持続時間はメリットといえるでしょう。
シアリスはレビトラよりもさらに食事の影響を受けにくくなっています。
重い食事の直後でなければ、食後に服用しても効果が得られるでしょう。

とはいえ、他のED治療薬と同様に、空腹時に服用したほうが最大限の効果が発揮できます。
シアリスの最大のメリットは持続時間の長さですから、服用時間を気にせずに食事の前に飲むことも難しくないでしょう。
シアリスは持続時間が長い分、効き始めもゆるやかという特徴があります。

シアリスの分子構造はゆっくりと体内に吸収されるように出来ており、効果が現れるまで1~3時間程度を要します。
勃起促進効果だけではなく早漏に対しても効果を持つシアリスジェネリックも販売されているため、焦らずリラックスして使用したい場合に特に向いています。

性行為の3時間前には服用を済ませておくとよいでしょう。

コメント