カマグラとカマグラゴールドの違い

カマグラとカマグラゴールドの違い

カマグラにはジェネリック医薬品の特徴を活かし、様々な種類で飲みやすく加工されています。
その中でも「カマグラ」と呼ばれる商品と「カマグラゴールド」と呼ばれる商品が存在しますが、この2種類は全く同じ効果と効能を持ち、名前以外は同一の商品となっています。

なぜこのように同じ成分で商品の名前が違うものがあるのか、その理由はカマグラとカマグラゴールドの流通ルートが違うためです。

カマグラは製薬会社が所在しているインドで流通している時の名称であり、カマグラゴールドはインドの国外で流通している時の名前になります。
よって個人輸入代行やネットショップでカマグラを購入する際、その商品名が『カマグラ』だったとしても実際に届くのは『カマグラゴールド』になります。

このように国内、国外で名前を変える商品は日本にもよくあり、流通ルートが違う理由の他にも国外ではその名前の商標登録がすでになされていた、国内ではその名称で問題なくとも国外であれば名称が少し問題になる可能性があるからなど様々な理由があります。

もし日本で個人輸入代行やネットショップでカマグラを注文し、カマグラゴールドが届いたとしてもそれは間違いではありません。
成分や形状はまったく同じものなので、気にせずED治療薬としてご使用していただけます。

 

カマグラの有効成分と効果

カマグラはシルデナフィルを含み、主にED治療薬として使用されます。
その効果の主作用は勃起を鎮める酵素を阻害し、勃起持続時間を長くすることです。

そしてペニスの血管を拡張し多く血を流すことによりサイズをアップさせる作用です。副作用は頭痛や体のほてり、めまいとされています。

このどちらの反応もシルデナフィルによる血管拡張作用によるものであり、頭痛に関しては個人差がありますが必ず発生するものとされています。

シルデナフィルは血管を拡張しペニスを大きく保ちますが、血管を拡張するのはペニス周辺だけではなく全身に作用します。
そのため心臓から見て一番高い位置にある脳の血圧は減少しやすく、血液が脳に不足、血液による酸素供給が少なくなることにより頭痛やめまいを誘発させることになります。

カマグラはED全般を適応症としているため、どのような理由のEDに対しても効果を発揮することができます。

ただその効果はあくまで一時的なものであり、根本的な解決にはなりません。
EDの原因はストレスや生活習慣が大きく関わっているので、根本的な理由の対策をしながら、ED治療薬が必要な際にその都度服用することで、効率良くED治療を行うことができます。

 

カマグラは早く使い切ること

カマグラのようなED治療薬は個人によって使い切るまで差があります。
3ヶ月で使い切る方もいれば、1年、2年経ってもまだ残っている方もいるでしょう。

ではもし2年経ったカマグラを使用したいと思った時、それは本当に使用しても大丈夫なのでしょうか。
どの薬にも定められた使用期間や有効期限があります。ほとんどの場合、薬が収められている『PTPシート』の上部に使用期限は記載されており、その日付に従って服用すれば問題はありません。

ただ、その使用期限はあくまでもカマグラが未開封であった場合です。もしPTPシートが破れてしまい空気に触れていたら、または高温多湿の場所で長時間保存していたのなら、その使用期限は正しいとは言えません。そのような場合正確な期限は検査されていませんが、なるべく早めに服用するか、または服用を控えた方がよいでしょう。

ED治療薬は、量を調節するために1錠を半分に砕いて使用することも多いです。

しかし砕いた残りの半錠は薬のコーテング剤も取れてしまい劣化しやすいため、カマグラに限らずどんな薬でも1週間程度で服用すると良いしょう。

薬は定められた保存方法以外では保証がありません。
それ以外の保存方法でどうなるかも検査していることも少ないため、しばらく薬を使用しないと思った際は日当たりを避け換気の良い場所で保存しておきましょう。

コメント