カマグラの服用方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カマグラの服用方法

カマグラはEDに対する治療薬です。ただ服用するだけではなく、その効果を最大限生かすためにはいくつかのポイントを押さえておくことが必要になります。

例えば風邪をひいてしまい病院で薬を処方される際、その薬によって服用のタイミングについて食間や食後などと指示されるでしょう。
もし食後の薬を空腹時に飲んでしまうと、その有効成分が胃を荒らすことがあります。

また、腸まで届きづらくなるため風邪が長引いてしまうこともあります。カマグラも風邪の薬と同じく、服用するポイントがいくつかあります。

カマグラを使用する方はEDの治療のために購入する方がほとんどで、毎日一つずつ常用するような服用の仕方はしません。
勃起の助けにするために、行為をする前どのくらい前の時間に飲めばよいのか。またどのくらいの量を飲むのが適切であるのか。

そのポイントを一つ一つよく理解してカマグラを服用しないと、期待していた効果を得ることはできません。
カマグラのようなED治療薬はしっかりと効き目が出なければ、実際に使用した際にとても困るものです。

それはもちろん自分だけではなくパートナーにとっても同じです。
カマグラは用法用量を守れば高い効果を発揮する薬なので、いざというときのためにもしっかりとその飲み方を覚えておきましょう。

 

カマグラの正しい用法用量

カマグラには適切な服用タイミングと服用上限があります。
様々な種類のカマグラが存在しますが、一般的な錠剤であるカマグラゴールドを例とすると、1日に1錠が上限で、それ以降24時間は服用を控えることになっています。

カマグラは100mgの錠剤もありますが、100mgは大柄な外国人向けの容量となっています。
日本人は小柄な方が多いため、基本的に半分に割った50mgを服用することをおすすめします。
100mgを服用したとしても、効果が強く出てしまい副作用のほうが大きく感じてしまう可能性があるからです。
50mgでも多い方は、その半分の25mgでも十分効果を感じることができます。

初めて服用する方は体に慣らす必要もあるので、できるだけ少ない量からの服用がいいでしょう。
服用から時間が経ち、体から効果がなくなったと感じても、血中にはまだ薬の成分が残っている場合があります。

そのまま服用すると血中濃度がさらに上がってしまうことになるので、しっかりと血中からカマグラを排出してから次のカマグラを服用するようにしましょう。

カマグラは作用時間や血中濃度の関係から、セックスをする30分から1時間前の服用が良いでしょう。
薬の効果が出やすい方、出にくい方など体質によって効果が出る時間の差があるので、実際に服用し性行為をすることを前提として一度試しておくと安心です。

 

カマグラの作用時間

作用時間は薬の効力が続いている状態のことで、血中にどれほど有効成分が残っているかを血中濃度として表します。
そのほかに薬には半減期と呼ばれるものもあります。

半減期は服用した薬の血中濃度がちょうど半分になるまでの時間のことで、薬の作用時間に相関があるとされており、半減期を迎えると血中には残っているが、薬の効果はほぼ消失した、としてもよい目安になります。

カマグラは50mg、100mgの容量があり、もちろん多ければ作用時間や血中濃度は高くなります。
例としてカマグラの50mgを服用した場合、服用後から血中濃度はぐんと上昇し30分前後で最大になります。

服用後1時間程度はほぼ血中濃度は下がらないので、カマグラは行為前の30分から1時間前程度に服用することが最も作用するといえるでしょう。
作用時間は服用した量によって違いがありますが、50mgの服用では半減期が4、5時間、100mgの服用では5、6時間程度となっています。

作用時間を考えると少しでも多くの量を飲みたいと感じるかもしれませんが、カマグラはED治療薬であるため長時間の作用を期待する方は少なくないでしょう。

多くのED治療薬は勃起をサポートしてくれますが、欲張って決められた用量を超えた錠数を飲むと副作用の危険性も高くなります。
カマグラは50mgでも十分作用が期待できるため、初めて服用する方は少ない量から服薬することがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*