カマグラの効果

カマグラの効果

カマグラはバイアグラと同じく、ED改善を目的として開発された医薬品です。
正しく使用することでED改善に高い効果を示す可能性があります。

EDの患者数は年々増加しており、およそ成人男性の3人に1人の割合と言われています。
EDの患者割合は特に30代から40代に多く、歳を重ねるにつれ40歳程度で体力の衰えや、そもそもセックス自体の回数が減ってくるためふと気づいた時にはペニスの硬さがなくなっていたなどの自覚症状を覚えます。

加齢による問題以外にも、生活習慣病など日々の生活もEDには大きく関わっています。
昨今ではインターネットが普及し性が多様化していることもあり、実際に性行為の回数が減り、いつの間にかEDになってしまっていても気づくタイミングが少なくなっています。
いざという時に勃起が出来ず、困る場面もあるかもしれません。

そのような場合に強い味方となってくれるのがED治療薬であるカマグラやバイアグラです。
正しいタイミング、正しい量を服用することで有効成分シルデナフィルにより勃起が収まるのを防ぎ、持続時間や硬さをキープすることが可能となります。

それではED治療薬であるカマグラがペニスに対しどのような効能、効果があるのかを詳しく紹介しましょう。

 

カマグラの勃起力と持続時間

カマグラの効果は、EDに対しバイアグラにも劣らない勃起力と持続時間を発揮することができます。

カマグラは50mgまたは100mgで販売されておりますが、どちらを服用しても高い勃起力を発揮することは変わりません。
より多くのカマグラを服用したから、ペニスが大きくなるということではなく、量によって変化するのは勃起の持続時間です。

目安として50mgで5,6時間、100mgでは6,7時間の持続時間があるとされております。
そのためセックスの時だけの効果で十分という方は、25mgや50mgでも十分な効果を得ることができるので、カマグラを節約することもできます。

副作用として多く報告されているのが頭痛です。
しかし、頭痛はカマグラの有効成分であるシルデナフィルの効果がしっかり効いているという証明にもなります。
軽い頭痛であれば効果が薄まるにつれ正常に戻るので心配はいりません。

カマグラは強力なED治療薬とされていますが、カマグラの効果をしっかり得ることができるかどうかはその飲むタイミングにより大きく変わります。
食事の直後やアルコール類を飲んだ際に服用した場合、カマグラの十分な効果を得ることは難しいかもしれません。
カマグラの効果をしっかり引き出すためには、正しい服用タイミングを守る必要があります。

 

カマグラが効く理由

カマグラの効能は、有効成分のシルデナフィルが勃起を鎮めるPDE-5に作用することで勃起を促進させる薬剤です。
シルデナフィルは勃起を誘発させるのではなく、勃起をした後、それを鎮めるPDE-5という酵素を妨害することで勃起が持続することが可能になる薬剤です。
勃起は性的刺激による自然に起こる現象です。

血管を広げることによりペニスへ多くの血液を流し込み、ペニスが機能すると考えられています。
性的興奮が収まるにつれPDE-5の分泌が増え、勃起が収まりますのでカマグラが勃起を誘発させる、という効能ではないことに注意が必要です。
シルデナフィルはPDE-5の阻害により、筋肉をゆるめる効果のあるcGMPと呼ばれる成分を維持することができます。

この効能は前立腺肥大症などにも使用されており、ED治療の他にも多くの効果が期待されています。
多くの効果があるからこそ、他の薬にもシルデナフィルのように作用する薬も存在し、そのような薬はカマグラに対し併用注意薬、または併用禁忌薬に指定されていることもあるので、注意が必要になります。

カマグラはED治療に対し先発品と同じく高い効果が期待できる成分内容になっており、更にジェネリック医薬品の特徴を生かし飲みやすく改善されているのが大きな特徴です。
効能効果自体は変わらないため、薬を広く選択できるようになりました。

コメント